在庫管理システムって何?

エクセルで簡単に在庫管理する方法

エクセルは応用が利く表計算ソフトで、使い方次第では在庫管理にも使えます。
在庫管理をエクセルで行う場合は、いくつかのやり方が考えられますし、在庫管理を始める前に管理方法を検討する事が大切です。表計算ソフトで在庫管理最も簡単なエクセルでの在庫管理は、縦方向に商品名の入力を行い、横方向に個数や金額の入力をするやり方です。
この方法は、商品に関する情報が増えても、後から属性を付加出来る柔軟性が優れています。しかし、商品の数が増えると視認性に影響するので、在庫管理が必要な商品点数が増える場合は、種類ごとにシートで分割する方法があります。シートは情報を入力するページのような概念で、エクセルを使いこなす際に覚えたい機能の一つです。1シートで管理する事も出来ますが、その場合は並び替えや絞り込みが行えるように、商品を区別するジャンル属性情報を付ける事が効果的です。
エクセルは在庫管理にも使える柔軟性が高く、関数の導入を行えば、格段に在庫管理の幅は広がります。
標準機能による検索も便利ですが、エクセルなら自由に関数の組み合わせが出来るので、予めエクセルのシート内に入力欄を設定する事によって、知りたい在庫情報を独自条件で絞り込む機能を作る事も可能です。
まずは商品名や管理コード、在庫を入力する入力欄の設定から始めて、必要に応じ機能を追加する事が上達の近道になります。

 

在庫管理システムとは

皆さんは、「在庫管理システム」と聞いて、すぐにどういったものか想像できますか?
在庫管理システムとは、主に製造業などにおいて、在庫情報や入出庫情報、在庫不足情報などを把握するために用いられるシステムの事です。
昔は紙の管理表や伝票などで管理していた在庫管理業務を軽減する事を主たる目的としています。
人的に行う棚卸在庫は売れなければただの無駄となってしまうので、できるだけ持たないようにしたいものですよね。
反対に、在庫が不足すると今度は受注した場合迅速に対応できず、販売の機会損失につながる可能性もあります。
そのため、在庫管理において適正な在庫を持つということは物を製造管理する上で最も重要なことと位置づけられます。
そこで、入出庫情報や在庫不足情報などから在庫の適正値を算出するシステムが開発され、「在庫管理システム」として、重要視されてきているのです。
アイエスシステムズは、在庫管理システムなどバーコードハンディーターミナルを活用したシステム開発サービス

 

現場で役立つ在庫管理の方法

在庫管理の確率されていない企業では、販売機会を逃してしまう可能性があります。
在庫管理をシステム化しないで、営業を行っていますと、営業マンが商談で受注しても、即座に正確な数字の掲示が行えずに信用を逸する可能性があります。
正確な在庫量を常に把握を行っていないと、適切な運営は行えません。
在庫管理のシステム化在庫管理の方法にはいろいろな方法があります。
システム化をする場合には、本格的にICカード等を使って管理する場合と、クラウドサービスを用いて安価に在庫管理を行う方法の2種類があるかと思います。
外注に頼んで本格的にシステム投資をする余裕があるのでしたら、ICカード等を用いて導線分析も導入した本格的な物流システムの構築がいいとは思います。
あまり、予算がないのでしたら、クラウドサービスを用いてタブレット等にバーコードリーダを付加した簡易な在庫管理システムの構築がいいかと思います。
予算はかかりますが、導入しないと、倉庫内が煩雑になりますし、棚卸にも時間が掛かり、適正在庫を把握できずにビジネスチャンスを逸してしまう可能性もあります。
無駄な人員を雇うよりは、在庫管理システム投資に予算をかけたほうが、企業の将来性があるのは間違いありません。

 

在庫管理のシステム化の作業上のメリット

在庫管理を従来の人の手による作業・確認と言う方法から、システム化した場合にどんな変化があるでしょうか。
まず商品情報をデータベース化し、入荷、検品、保管、ピッキング、出庫などの作業を、主にバーコードリーダーで読み取る作業または情報端末へキー入力する作業で確認しながら進めます。
これによって次のような効果が期待できます。

ミスの低減

人がすべき作業内容が端末の画面に順番に表示されたり、
作業を誤った場合は音と画面表示で警告が出されたりするなどの機能が実装されているので、
人間が行う作業をシステムが支援し、かつチェックすることにより、作業ミスの発生を低減させることができます。

作業の簡素化

伝票や指示書への記入作業や現物の目視による照合作業などが基本的に不要になり、
担当者の作業が従来に比べて簡単に、かつ効率的になります。

作業の標準化

システムの運用手順は、熟練者・初心者に関わらず、誰が作業を行っても一定レベルの生産性が保たれるように設計されています。
経験豊富な熟練者個人の能力に依存するような作業は減少し、庫内作業の標準化が進みます。

 

在庫管理のシステム化のコスト上のメリット

物流現場では作業の主体は人間であり、物流コストに占める人件費の割合は高くなっています。コスト低減を図るには、いかに人件費を圧縮できるかがポイントになりますよね。人的作業の在庫管理システムの導入によって業務が簡素化されれば、従来より少ない人員でも現場が運営できるようになります。
誰が作業してもミスが起きない仕組みが確立すれば、正社員に代わってパートやアルバイトをさらに活用することもできます。
これらにより人件費の低減を図ることができるのです。また、作業の効率化によって以前より短時間で作業を終えられるようになれば残業で対応していた作業が減少し、やはり人件費を減らすことにつながります。そして、作業ミスや誤出荷が減少することにより、そのようなイレギュラーなケースの対応に要していた予定外の作業、人員、緊急輸送、倉庫間の横もちなども減少して、その分の費用低減に寄与します。
「おそうじの革命」ハウスクリーニング・エアコンクリーニングに特価したプロ集団です。
ハウスクリーニング 歯科開業 不用品回収 エアコン掃除 カラコン リフォーム 横浜

 

リアルタイム性と可視性の向上による業務の高度化

作業精度の向上やコストの低減といった現場関連の効果以外でも、企業の全体的な生産性や効率性を高めるメリットがあります。

リアルタイムでの状況把握

システム化以前は、最新の在庫情報といっても先週末時点などある程度の時間的な隔たりがありました。
在庫管理システムの導入により、入出庫データなども即時に反映され、リアルタイムで在庫状況を参照することが可能になります。
時差のない最新の在庫状況を把握することにより、状況変化に応じてより的確で機敏なアクションを採ることが可能となるのです。
そして、作業の進捗状況もリアルタイムで把握できるため、
進度の遅れている作業にほかの部署から応援者を回すなどのすばやい対応もできるようになります。

可視性の向上

システム化することにより多くの場合、単独の倉庫ではなく複数倉庫の在庫状況が把握でき、輸送中の在庫も把握できますよね。
さらには、インターネットを利用することで刻々と変動する在庫や入出庫の進捗状況を簡単に照会できる機能もあるのです。
さらに倉庫の担当者のみではなく、他部署の関係者あるいは社外の取引先さえも、
権限を付与すれば自由に情報を参照することができるようになり、
物流現場の現場の情報を生産や仕入の計画修正、発注の調整、適切な人材配置などに有効に活用できるようになります。
より全体的な視点での意思決定ができるようになるため、「全体最適化」を図る一助となると考えられます。

別れさせ屋 スキンケア マンションリフォーム 横浜